各種保険

対人賠償責任保険<無制限>

【万が一、事故を起こしてしまった時に備えましょう】
自動車保険の補償ですが「対人賠償責任保険」は無制限が常識です。理由は万が一、事故を起こしてしまった時に相手が亡くなった場合や重度の後遺障害になった場合に賠償金が1人1億円を超える場合があるからです。
自動車事故は複数の人に被害を及ぼす可能性があるので、実際はさらに高額の賠償になる場合も稀にあります。
保険金額は無制限にしておくことをおススメします。

対物賠償責任保険<無制限>

【直接損害と間接損害の2種類があります】
自動車による事故で、他人の財物 (自動車、建物、電柱、ガードレール)などに損害を与え、
法律上の賠償責任を負った場合、その損害は対物賠償責任保険によって補償されることになります。補償の対象となる損害については大きく分けて2種類あります。
(1)直接損害: 相手車両、建物、電柱、ガードレールなどの修理費用
(2)間接損害: お店などの休業損害、列車と接触事故を起こしたことによる遅延損害、etc...

対物超過修理費用特約

【相手車両の修理費用が時価額を超えた場合におススメです】
ご契約のお車の対物事故による相手自動車の実際の修理費が、相手自動車の時価額を上回った場合に、修理費と時価額の差額に責任割合を乗じた額をお支払いします(50万円限度)。
(注1)実際に相手自動車に損害が発生した日の翌日から6か月以内に修理されることが保険金の支払条件になります。 (注2)相手自動車の車両保険(共済契約を含みます)から支払われた保険金(共済金)が相手自動車の時価額を 超える場合、その超過額についてはお支払いの対象となりません。
 例えば、相手の方のお車の時価額は30万円だったが、修理するためには65万円かかってしまう時に時価額と修理費の差額の35万円が支払われます。

人身傷害保険

【自動車事故によりご契約のお車に乗車中の方が死傷した場合の補償です】
事故を起こしてしまった場合、自分自身の過失分も含めて、入院・通院した治療日数に関わらず、
契約した保険金額の範囲内で補償されます。

車両保険

【事故によりご契約のお車が壊れた場合の補償です】
車両保険は、ご契約のお車が、衝突、接触等によって損害を受けた場合に保険金が支払われます。
例:交差点での出会い頭の衝突、車が盗難にあった、飛び石によってガラスに傷がついた、etc...
このように、車両保険は被害による損害をカバーしてくれる自分の車のための保険です。